ナースの体験談 病院内で人間関係をよくするための工夫とは?  | お得な生活情報

お得な生活情報

ナースの体験談 病院内で人間関係をよくするための工夫とは? 

   

病院内でも、多くの人が働いていると、それなりの対人関係には苦労するものです。

病院内で人間関係を良くするための工夫を聞いてみました。

 

 

相手の危険を聞く。

自分がする仕事はきちんとこなし、できるときは仲間の仕事もフォローしてあげる。

できるだけ自己主張をすることを避け、つねに声掛けをして気持よく仕事ができるように気をつけている。

職場の人とはプライベートでは会わない。

人が嫌がる仕事は自分がやる。病棟なら重症者のプライマリーとか部屋担当など。

人のうわさ話も乗らないようにしている。個人的な相談を受けたら秘密は絶対に他人に話さない。

周りを笑わせるようにしている。そうして常に笑顔をわすれない。

人の意見は最後まで聞くようにする。他人の意見を否定や批判はしない。

人を傷つける言葉をいわない。

自分の意見を押し付けない。

周囲へのねぎらいの言葉をわすれない。

他人への悪口や陰口に加わらない。

仕事とプライベートをハッキリと区別し、家に仕事を持ち込まない。

どんな人に対しても「笑顔であいさつ」をする。嫌な気分のときでも、明るくあいさつするようにしている。

ものごとをクドクドと言わないようにしている。

「ありがとう」の言葉を忘れないようにしている。

できるだけ穏やかに話すようにしている。

できるだけ笑顔で、みんなに平等に接するようにしている。

気分で怒らない。

とにかく我慢する。

苦手な相手でも、自分が嫌いにならなければ相手も自分を嫌いにならない。

自分の価値観や

自分の考えを、相手に押し付けない。

 
 
 
売上よりも看護師様の満足度を優先!
ナースコンシェルジュ

 
 
 

 - 人間関係